葬儀や通夜における失礼のないマナー

葬儀大切な通夜のマナー

葬儀、それは亡くなってしまった故人を偲ぶものですが、悲しい事ですし、あまりその場面には遭遇したくは無いものです、ですが、そうも行かないのが現実です。その葬儀の中でも通夜に関する、基本的なマナーを紹介したいと思います。

まずは、お通夜とはどういうものかという所から紹介します、お通夜と言うのは、近親者が故人と一緒に一夜を共にする事によって、邪霊が入ってこないようにする儀式だそうです。その為、故人の遺族や親族、親しい友人・知人の方々が集まって行うのが一般的になっているようです。通常、今紹介させていただいたとおり、近親者によって行われるのがお通夜ではあり、通常、知人の方などは、葬儀・告別式に参列する事になります。ですが、その告別式などへの参列がどうしても厳しいと言う場合は、お通夜で弔問を行っても良いとの事です。また、弔問の際の服装ですが、皆さんご存知のことかと思いますが、派手な服装で弔問に訪れるのはもちろんNGです。通常はフォーマルと言われる服装で黒がベストです。但し、黒でも光沢があるものは避けるべきです。

また、お通夜に弔問される際には、香典を用意する事になりますが、これは通夜・葬儀(葬式)・告別式のいずれかに参列する際に持参するもになり、香典を入れるのし袋につては、そのご家族の宗教等によって表書きが異なるためご注意頂きたいところです。宗教を問わず利用出来る表書きとしては「御霊前」と言うのがあるそうです。この表書きであれば、宗教観を問わず共通して書く事が出来、尚且つお通夜と葬儀・告別式のいずれにも用いる事が出来るそうです。その他にも、葬儀に関するマナーは様々あります。参列する際には、確認をした上で参列するようにしましょう。