葬儀や通夜における失礼のないマナー

葬儀における通夜の意味を考える

葬儀の時には通夜がありますが、それには参加しました。亡くなってすぐは現世とあの世をさまよっているという事で足下を照らします。それでろうそくの明かりを絶やさないという意味が分かりました。誰かがずっと起きて見ている必要があります。残された人の役目なので守っていった方がいいと思いました。やり方は地域によって変わって来るかも分かりません。線香は天国への道しるべとなるので消してはいけません。それでも遺族の意思に任せているそうなので、行わなければいけないという事ではないそうです。昔は葬式には参列しても参加しない人が多かったそうです。時代が変わって最近は告別式としての役割もあります。都会でよく見られる傾向だそうですので覚えておきます。

最近の若者達は知らない人がほとんどだと思います。まだそう言う事に参加していなかったら当たり前です。それは遺族がしっかり気持ちを整えるという意味もあります。昔から近い遺族だけで行っていたそうです。参加する人は前もってよく考えておいた方がいいと思います。突然の訪問は逆に失礼になりそうです。故人を偲ぶ時間だと思っていました。そして残された人たちがこれからも頑張って生きていくのです。故人の意思を受け継ぐ意味もあると思いました。お坊さんが来て読経をしてお焼香をします。通常は喪主の挨拶があるのが当たり前だと思います。それが礼儀という物ではないでしょうか。それ自体は一時間くらいで終わります。