葬儀や通夜における失礼のないマナー

葬儀の前夜に行われる通夜について

冠婚葬祭の一つである葬。葬儀について触れたいと思います。私は幼い小学校や中学生の頃なんかは人が死ねば必ず当たり前に葬儀がある物だと思い込んでいました。でも実際葬儀は凄くお金がかかるものだと知りびっくりした事があります。金額でいうと大体100万から200万が相場みたいです。地域等によって変動もあるみたいですね。

まぁでも当たり前ですがお金よりも気持ちですよね。人が死んだ時の悲しみは胸が痛くて言葉にならないくらい悲しいです。親しかった友人の死、祖父母の死、両親の死、恋人の死、お世話になった方の死、様々あると思います。誰しもそういう直面にあった経験はあると思います。無くても今後あるでしょう。少なからず人は絶対的に死ぬ生き物なので自分も皆さんもいずれ死にます。

時間が無くて葬儀に行けないとなった場合には葬儀の前夜に行われる通夜というものがあります。参列して亡くなった方にご冥福を祈ります。その方と最後の別れを惜しみます。昔確か学校の先生から聞いた事があるんですが、通夜に来てくれた人の人数がどのくらい多いかでその人の人望や人脈の大きさが表れると聞いた事があります。本当にそうだなと思いますね。当時祖父の通夜の際、通夜に来ていただいた方に涙を流しながら手を合わせてお祈りしている姿を見ると胸がいっぱいになって自分も涙が止まらなかった事があります。自分も今後自分が死んだ際には数多くの方が通夜に参列してくれるような人であれるよう精進したいと思います。