葬儀や通夜における失礼のないマナー

通夜は葬儀前夜に故人の成仏を祈る儀式

お通夜は葬儀前夜に夜通しで故人の成仏を祈る儀式です。普通は夕方から始まり僧侶のお経があがり故人と親しい人達が弔問に訪れお焼香をして故人にお別れをします。親しい人や親戚は供物や供花をお供えします。焼香は喪主から家族、親戚そして一般の弔問客へと進みます。葬儀に参列できない場合通夜には喪服を着用して香典は袱紗に包んで受け付けに出します。香典のお札はできるだけ使い古したものを用意します。遺族に話しかけるときは簡潔にお悔やみを述べます。僧侶が退出して最後に喪主が挨拶すると通夜は終了です。通夜は告別式にこれない人がお別れ会にもなっています。お通夜の時間は大体一時間以内で終わるのが普通です。

通夜の後に、通夜ぶるまいがあります。近しい弔問客を別室に案内して「お清め」の意味で、軽食や日本酒やビールを用意します。大体一時間ほどでお開きになります。通夜は、もともとは故人と親しかった人たちが葬儀の前夜、一晩中故人に付き添い、邪霊の進入を防ぎ、故人との別れを惜しむ為の儀式でした。今も通夜の夜は遺族の誰かが故人の傍にいる場合が多いです。昔は通夜も葬儀も自宅でしましたが今は葬儀場でする事がほとんどです。葬儀場は設備も整い食事を出す場所や家族が休む部屋、そして遺体を安置する部屋などがありまた色々な助言をしてくれるスタッフもいるので遺族の負担はとても軽くなっています。通夜と葬儀は大切な儀式ですし弔問客も多いのできちんと進行してくれるスタッフの存在は助けになります。